昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

1982年 音楽シーンに革命を起こしたCDの登場

      2017/04/23

1982年(昭和57年)10月1日、日本で世界初の家庭用CDプレーヤーの一号機がソニー、ローランド、デンオンの3社から同時発売された。
ここからレコード主体だった全世界の音楽シーンがデジタル化という大きな動きに流されていく事になる。

ソニーから発売されたCDP-101は、他社のプレーヤーより小型(ミニコンポサイズで幅35cm)で価格も安かった。
しかし、価格は168,000円という高額なのにもかかわらず、リモコンが別売りだったのは驚き。

SONY CDP-101の発売と同時に、CBS・ソニーから世界初のCDソフト50タイトルが発売された。
記念すべきCDソフトの生産第1号はビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街/35DP-1」で世界初のCDと呼ばれている。

ちなみに国内アーティストのCD化第1号は大滝詠一の「A LONG V-A-C-A-T-I-O-N/35DH-1」

プレス時期によりマスタリング違いが3種類存在、初回プレスは盤面がゴールド、セカンド・プレスはシルバー、以降アーティスト・ナンバーが入ったものとなっている。

当時はLPレコードが2,800円だったのに対し、発売当時のCDの値段は3,500円と割高だった。


大学生の頃、就職を目前にしていた時期になると仲の良かった友人達はテレビとビデオデッキを社会人になってからのサラリーを当て込んでローンで購入していたのだが、店頭にディスプレイされていたCDプレーヤーを視聴した時、わずか120mmの鏡面盤に記録されたデジタルのクリアーで澄んだ音色に魅了され、後の事を考えずにその場で購入してしまった。

本体を購入した際、ヘッドホンと好きなCDを2枚付けてくれるという事で選んだCDはマイケル・ジャクソンの「スリラー」と映画のサントラ「フラッシュ・ダンス」だった。

夜寝る前にベットサイドのテーブルにプレーヤーを置き、ヘッドフォンを繋げて2枚のCDを何度も聴いていたのだが、ある時期どうしょうもない金欠に陥り、泣く泣くわずかな金額で手放してしまったのを今でも悔いている。また、機会があれば同じ機種を手に入れたいと思っている。

CDデッキのデビューからわずか2年後の84年には、早くもソニーからCDウォークマン「D-50」が発売された。

ジャストジャケットサイズにこだわった外寸はW127 × D132.5 × H36.9mmで重量590gだった。

 

 

 - 昭和のくらし・もの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古い郵便ポスト
昔ながらの郵便ポストの立ち姿に哀愁を感じる

温泉街の片隅で昔懐かしい郵便ポストを発見! 見ると何となく安心感のあるドッシリとした独特のフォルムがメチャクチャ懐かしい …

ナショナル クーガNo7本体
当時の少年達を虜にした罪なラジオ「ナショナル クーガRF-877」とBCLブーム

1973年12月発売 定価:18,500円 1970年代から80年代にかけて中高校生の間で世界中からのラジオ放送を受信す …

夏になると思いだす神社の境内でやってた夜店

地元では9月始めから3日間、神社の境内に数多くの露天が並び短い夏の終わりを締めくくるように人出が増えて活気であふれる。 …

ナショナルのレトロな電気ミニポット NC-303

旧社名である松下電器産業株式会社(ナショナル)製 製品の底部分に特許・実用新案登録・意匠登録の件数が刻印されていて、この …

白黒テレビを見て育ったあの頃

国内初の白黒テレビ 1953年にはシャープより待望の国産第1号白黒テレビ「TV3-14T」が発売される。 大卒初任給が約 …

ポリ茶瓶
駅弁の友「ポリ茶瓶」に昭和の風情を感じる

ローカル線に乗り、その土地自慢の駅弁を食す。 現代のように手軽なペットボトルのお茶も無かった時代に駅弁の友として活躍した …

1964年 東京オリンピックの記念銀貨と記念メダル

1964年(昭和39年)に発行された東京オリンピック記念の千円銀貨が実家の片付けの時に偶然出てきた。オリンピックの開催当 …

ミヤタ自転車「ブラックマスク」というサイクリング車

小学校高学年になると、当時人気だったフラッシャー付のサイクリング車が欲しかった。 既にサイクリング車に乗っていた友人達は …

トヨタ2000GT
昭和が生んだ奇跡の純国産スポーツカー『トヨタ2000GT』

ローズウッド張りインパネおよびウッドのステアリング・リムは、日本楽器(現ヤマハ)によって仕上げられたものだった。 全長x …

木製の牛乳箱③
どこの家にもあった昭和感が漂う木製の牛乳箱

早朝、まだ薄暗い中からガチャガチャと音を立てながら自転車で近所を廻る牛乳配達のおじさん どこの家でも玄関に置かれていた木 …