昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

「太陽がいっぱい」危いほどに美しい青年リブリーの光と影

      2016/09/03

plein_soleil

太陽がいっぱい
1960年フランス・イタリア合作映画。

あらすじ
アラン・ドロン扮する貧しい青年トム・リプリーは、富豪のグリンリーフに息子の友人であると信じ込ませ、放浪中の息子フィリップを連れ戻すよう依頼される。しかしフィリップに帰国の意思は無いと告げられ、謝礼金が得られなくなったトムは金銭目当てで行動を共にするのだが……。

自分とは世界の違う人達への憧れと嫉妬
富豪のフィリップになりすます為、スクリーンに拡大したサインを何度もなぞって真似る場面や
ラストシーンのビーチで空を見上げ「太陽がいっぱいだ」とつぶやくリプリーの表情
完全犯罪が崩れるシーンとのコントラストが絶妙

『禁じられた遊び』などのフランスの巨匠ルネ・クレマン監督の代表作と言われるピカレスク・サスペンスでパトリシア・ハイスミスの小説を元に映画化された。ニーノ・ロータが歌う主題歌と共に大ヒット。天使の顔をした悪人を見事に演じ切ったアラン・ドロン(当時25歳)は、その名を世界に響かせた。

ストーリーの完成度といい、映像の美しさといい、これは不朽の名作

alain_delon

出典:ALAIN DELON コレクター

アラン・ドロン Alain Delon
生年月日1935年11月8日
仏パリ近郊の町ソーに生まれる。

主な作品
『太陽がいっぱい』(1960年)
『生きる歓び』(1961年)
『地下室のメロディー』(1963年)
『黒いチューリップ』(1963年)
『さらば友よ』(1968年)
『レッド・サン』(1971年)
『ビッグ・ガン』(1973年)
『百一夜』(1994年)
受賞
セザール賞最優秀男優賞(1985年)

齢を重ねる毎に渋さが増し、日本にも何度も来日したアラン・ドロン
紳士服メーカー「ダーバン」のCMにも起用され、昭和49年に放送されたレナウン「ダーバン」のCMで耳に残るセリフがこれ!

「D’urban c’est l’elegance de l’homme moderne.」
このダーバンのブランドを身に纏えば貴方は、現代の男性のエレガンスを手に入れられる。

 - 我が青春の音楽・映画・雑誌・漫画本

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

雑誌ポパイ創刊号
雑誌ポパイ創刊号の思い出

1976年(昭和51年)に平凡出版(現マガジンハウス)から発行されて以来、ファッションや情報に敏感なお洒落フリークに支持 …

月刊 科学大観という少年科学誌のバイブル

実家の屋根裏部屋に積み重ねられていた本の中から何かオーラを感じ発見。 雑誌購入時の領収書が一冊の本に挟まっており、購入者 …

ディープ・パープル/ハイウェイ・スター

A面:ハイウエイ・スター B面:レイジ― 発売日:1972年7月 ハード・ロックを徹底して追求するディープ・パープル。 …

怪奇大作戦 / 桑田次郎

血のない死体、吸血鬼の牙、人を溶かす絵画、幻が犯す殺人 現代のおどろな恐怖を戦慄のペンタッチで描き込む桑田次郎の怪奇ドラ …