昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

昆虫採集セットは夏休みの必需品だった!

      2017/01/05

昆虫採集セット①

注射器・ルーペ・ピンセット・防虫剤・防腐剤・虫ピン等がセットになっていた。
当時は普通に売られていたが、今だったら注射器なんかは何に使われるか怖くて販売できないだろう。実際、このような子供用のセットも危険だという理由でいつの間にか姿を消したのだった。

昆虫採集セット②

よくこんな物が残っていたなと思う一品だったが、これもヤフオクで落札したもの
外箱を見ると当時の値段で200~300円だった事かわかる。
駄菓子屋やおもちゃ屋の店頭に積まれていたのを見て買った事があった。

小学生低学年の頃、夏休みの宿題となると昆虫標本が男子の中では定番の時期があった。
当時は身近に林や田んぼが沢山あって、いろんな虫が採れた時代だったから自然とテーマが決まっていたのかもしれない。

たしかカルピスかなんかの箱にクワガタやとんぼ、蝶などを虫ピンで止め箱の表面にラップをかけるだけの手軽な提出物だった。
ちょっとズルしてお祭りで買ってもらったカブトムシなんかも追加したりして

近くの商店や駄菓子屋で虫取り網やカゴ、昆虫セットを買って近所にあった畑や林に直行した暑い夏の日を鮮明に記憶している。

今と違って自然が溢れているような環境があっちこちに残っていて昆虫なんて採り放題だった。
汗だくになって家に帰ると自家製のジュースを母が出してくれて一気に飲んでから、また出かけるという繰り返し
現在は野原だった実家の周辺も道の駅や住宅が立ち並び、昔の面影を残しているところは無い。

地元にはカブトムシが生息していなかったのでとても貴重な昆虫で欲しくてたまらなかったっけ、思い起こせばなんとものどかで素直に良い時代だった。

 - 少年時代

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

空飛ぶゆうれい船
子供の頃に見た『空飛ぶゆうれい船』の思い出

1969年(昭和44年)7月20日東映系封切 『東映まんがまつり』にて上映されたSFアニメ 同時上映は飛び出す仮面の忍者 …

牛乳の蓋開けアップ
給食で活躍した雪印牛乳の蓋開け

これまた懐かしい牛乳の蓋開けが登場(正式名は何て言うのだろう?) 一説では発明者が不明なので固有名詞もないのだとか。 こ …

これは懐かしいアルマイト製の給食セットと紙せっけん

現在では遥か昔に使用しなくなったアルマイト製の給食セット、なんとなく懐かしい気分になり、ヤフオクで少しずつ揃えてみた。 …

象が踏んでも壊れないが名キャッチコピーのサンスターアーム筆入れ

1965年 サンスター文具「アーム筆入」発売。その後「NEW アーム筆入れ」として再販された。 最大1.5トンの荷重に耐 …

携帯用カイロを持って観た札幌オリンピック

第11回 札幌オリンピック冬季大会 1972年(昭和47年)2月3日から2月13日までの期間、札幌で開催された冬季オリン …

ケラの捕獲と夜中の脱走による大騒動

今では殆ど見かけることもなくなってしまった「ケラ」、漢字で書くと「螻蛄」となる。 小学校低学年の頃、まだ家の前の道路もア …