昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

携帯用カイロを持って観た札幌オリンピック

   

第11回 札幌オリンピック冬季大会

1972年(昭和47年)2月3日から2月13日までの期間、札幌で開催された冬季オリンピック
スキー、スケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、リュージュの6競技35種目が11日間にわたって繰り広げられていた。

連日、テレビではオリンピックの話題で盛り上がっていた。テーマソングの「虹と雪のバラード」はトワ・エ・モワが歌いヒットしていた。

この時は小学校の高学年だったのだが、担任の先生に引率されてクラス全員で真駒内の野外競技場(オープンスタジアム)にスピードスケートの観戦に行った。本当はスキージャンプを観たかったのだが宮ノ森ジヤンプ競技場までの移動距離の問題と観戦チケットがそもそも取れなかったらしい。

観戦前日、テレビ欄を見ようと新聞を開くと偶然目に止まったのは新型カイロの広告。電池でカイロを着火するという子供が好むギミック商品だった。

これは明日のオリンピック観戦で暖を取るために持って行きたいと母にねだり、近所の雑貨店を探して買ってもらったのだった。

地下鉄真駒内駅は、このオリンピックに合わせて前年の12月から開業していて、札幌駅から初めて乗る地下鉄のスピードに皆で狂喜乱舞したものだ。

南北線の終点である真駒内駅の近くになると高架を走り地上に出るため、ガラスフード越しに五輪マークが付いたオリンピックの選手村が見えてきて高鳴る興奮を抑えたものだった。

競技場までは徒歩で移動、入場の際にスタンドシートに敷くための四角い簡易的なクッションが配布されていた。

自分達が観戦していたスタンド席の対面側に貴賓席があり、そこで皇太子殿下・妃殿下が競技を観戦されていたのを見た時、何とも言えない感情があったのだと思う。

この札幌オリンピック冬季大会の記念切手は、3種競技をモチーフとしたシートとなっている。

こちらは、北海道放送株式会社が発行した第11回 札幌オリンピック冬季大会記念シール。
一見、記念切手のシートのように見えるが4枚構成のシールが全5枚でワンセットとなっている。

当時の記念ホルダー、フィギュアスケートのペア競技がモチーフとなっている。

 - 少年時代

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

昆虫採集セット②
昆虫採集セットは夏休みの必需品だった!

注射器・ルーペ・ピンセット・防虫剤・防腐剤・虫ピン等がセットになっていた。 当時は普通に売られていたが、今だったら注射器 …

象が踏んでも壊れないが名キャッチコピーのサンスターアーム筆入れ

1965年 サンスター文具「アーム筆入」発売。その後「NEW アーム筆入れ」として再販された。 最大1.5トンの荷重に耐 …

空飛ぶゆうれい船
子供の頃に見た『空飛ぶゆうれい船』の思い出

1969年(昭和44年)7月20日東映系封切 『東映まんがまつり』にて上映されたSFアニメ 同時上映は飛び出す仮面の忍者 …

牛乳の蓋開けアップ
給食で活躍した雪印牛乳の蓋開け

これまた懐かしい牛乳の蓋開けが登場(正式名は何て言うのだろう?) 一説では発明者が不明なので固有名詞もないのだとか。 こ …

これは懐かしいアルマイト製の給食セットと紙せっけん

現在では遥か昔に使用しなくなったアルマイト製の給食セット、なんとなく懐かしい気分になり、ヤフオクで少しずつ揃えてみた。 …

ケラの捕獲と夜中の脱走による大騒動

今では殆ど見かけることもなくなってしまった「ケラ」、漢字で書くと「螻蛄」となる。 小学校低学年の頃、まだ家の前の道路もア …