古き良き時代へタイムスリップして思いを綴ります。

昭和ノスタルジー

少年時代

携帯用カイロを持って観た札幌オリンピック

投稿日:

第11回 札幌オリンピック冬季大会

1972年(昭和47年)2月3日から2月13日までの期間、札幌で開催された冬季オリンピック
スキー、スケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、リュージュの6競技35種目が11日間にわたって繰り広げられていた。

連日、テレビではオリンピックの話題で盛り上がっていた。テーマソングの「虹と雪のバラード」はトワ・エ・モワが歌いヒットしていた。

この時は小学校の高学年だったのだが、担任の先生に引率されてクラス全員で真駒内の野外競技場(オープンスタジアム)にスピードスケートの観戦に行った。本当はスキージャンプを観たかったのだが宮ノ森ジヤンプ競技場までの移動距離の問題と観戦チケットがそもそも取れなかったらしい。

観戦前日、テレビ欄を見ようと新聞を開くと偶然目に止まったのは新型カイロの広告。電池でカイロを着火するという子供が好むギミック商品だった。

これは明日のオリンピック観戦で暖を取るために持って行きたいと母にねだり、近所の雑貨店を探して買ってもらったのだった。

地下鉄真駒内駅は、このオリンピックに合わせて前年の12月から開業していて、札幌駅から初めて乗る地下鉄のスピードに皆で狂喜乱舞したものだ。

南北線の終点である真駒内駅の近くになると高架を走り地上に出るため、ガラスフード越しに五輪マークが付いたオリンピックの選手村が見えてきて高鳴る興奮を抑えたものだった。

競技場までは徒歩で移動、入場の際にスタンドシートに敷くための四角い簡易的なクッションが配布されていた。

自分達が観戦していたスタンド席の対面側に貴賓席があり、そこで皇太子殿下・妃殿下が競技を観戦されていたのを見た時、何とも言えない感情があったのだと思う。

この札幌オリンピック冬季大会の記念切手は、3種競技をモチーフとしたシートとなっている。

こちらは、北海道放送株式会社が発行した第11回 札幌オリンピック冬季大会記念シール。
一見、記念切手のシートのように見えるが4枚構成のシールが全5枚でワンセットとなっている。

当時の記念ホルダー、フィギュアスケートのペア競技がモチーフとなっている。

-少年時代

Copyright© 昭和ノスタルジー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.