古き良き時代へタイムスリップして思いを綴ります。

昭和ノスタルジー

少年時代

給食で活躍した雪印牛乳の蓋開け

更新日:

牛乳の蓋開け

牛乳の蓋開けアップ

牛乳の蓋①

これまた懐かしい牛乳の蓋開けが登場(正式名は何て言うのだろう?)
一説では発明者が不明なので固有名詞もないのだとか。

こんなものも出品していたんだと驚きつつ、またもヤフオクで落札。
古い物を大切に(持っていることさえ忘れて?)持っている人もいるもんだと感心した。

昭和40年代前半までは、学校の給食の牛乳はビン入りだった。
普通の牛乳、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳がその日の献立に合わせて付いてきていた。
その後、パック式の三角牛乳が現れて現在の四角い形に落ち着くのだった。

このふた開けは、小学校の給食時間になると活躍していたと思うが、これを忘れてくると困った事に
たしか最初は教室に備え付けだったのが、あまりにも紛失が続き担任が「みんな自分で持ってくるように、俺はもう知らん」と言って個人持ちになった経緯がある。

よくフタが上手く取れず牛乳瓶の中に落ちたり、お調子者は歯を使って開けようとしてぶちまけて隣りの席の女子に怒られていたっけ。

とってもチープな道具のようでちゃんと千枚通しのような針先が指などに刺さらないように安全に配慮された形状が秀逸の逸品。
あとで調べたら「安全牛乳栓ぬき」という名前でも呼ばれていたようだ。

追記

40年以上前のアサヒコーヒーの牛乳キャップを入手。当時のままの状態で新品未使用品だった。非常に良いコンデションである。牛乳蓋のコレクターさんからの購入。

こちらも最近購入した雪印牛乳の蓋開けで赤が2本、緑が3本。とても状態の良い品物だった。

-少年時代
-

Copyright© 昭和ノスタルジー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.