昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

当時の少年達を虜にした罪なラジオ「ナショナル クーガRF-877」とBCLブーム

      2017/04/23

ナショナル クーガNo7カタログ

ナショナル クーガNo7本体

1973年12月発売 定価:18,500円

1970年代から80年代にかけて中高校生の間で世界中からのラジオ放送を受信するBCLブームが巻き起こった頃のワールドバンドラジオを代表する一品がこの「ナショナル クーガRF-877」だった。
1ドルが300円以上していた時代に海外へ旅行に行く事は夢のような話し、そんなこともあって異国の地に想いを馳せるラジオの人気は高かった。

レアな放送局の電波を受信して内容の感想や受信状況を報告(受信報告書)すると、その放送局から証明として、ベリカード(受信確認証)を発行してもらえた。

このベリカードというのは放送局それぞれ個性があって、カラフルだったり、お国柄が反映されていたりした。

当時の少年達はベリカードを集めるのがかなりカッコいい趣味となり、夜な夜な部屋にこもってラジオの受信作業に没頭したものだった。

ちなみに1977年のラジオ雑誌(ランラジオ別冊)をみると世界136局、日本98局のベリカードコレクョンが記載されている。

ベリカード

当時はソニーのスカイセンサー、ナショナルのクーガー、日立のサージラム、三菱のジーガムなど各メーカー各シリーズが鎬を削ってる中でクーガ No.7の愛称で非常に人気のあるモデルで
“狙えクーガ”というキャッチフレーズもとてもカッコよかった。

クーガシリーズの特徴である回転式のジャイロアンテナがメカニカルな動作をしており、ミリタリールックで精悍な本体デザインも人気になった要因だったのだろう。

ジャイロアンテナはスイッチを押すと垂直に飛び出す形式のもので、アンテナ自体を回転させて電波をキャッチする事が可能、他の機種のように本体の向きを変えずに中波をジャストチューニングできるという優れもの、最近のこんなカッコいいギミックの商品が残念ながら出てこない。

ダイヤル文字はオレンジで塗り分けられていて見やすく、スピーカー下部にはナショナルとパナソニックのロゴが併記されている。

 - 昭和のくらし・もの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏になると思いだす神社の境内でやってた夜店

地元では9月始めから3日間、神社の境内に数多くの露天が並び短い夏の終わりを締めくくるように人出が増えて活気であふれる。 …

ナショナルのレトロな電気ミニポット NC-303

旧社名である松下電器産業株式会社(ナショナル)製 製品の底部分に特許・実用新案登録・意匠登録の件数が刻印されていて、この …

トヨタ2000GT
昭和が生んだ奇跡の純国産スポーツカー『トヨタ2000GT』

ローズウッド張りインパネおよびウッドのステアリング・リムは、日本楽器(現ヤマハ)によって仕上げられたものだった。 全長x …

古い郵便ポスト
昔ながらの郵便ポストの立ち姿に哀愁を感じる

温泉街の片隅で昔懐かしい郵便ポストを発見! 見ると何となく安心感のあるドッシリとした独特のフォルムがメチャクチャ懐かしい …

白黒テレビを見て育ったあの頃

国内初の白黒テレビ 1953年にはシャープより待望の国産第1号白黒テレビ「TV3-14T」が発売される。 大卒初任給が約 …

1982年 音楽シーンに革命を起こしたCDの登場

1982年(昭和57年)10月1日、日本で世界初の家庭用CDプレーヤーの一号機がソニー、ローランド、デンオンの3社から同 …

ポリ茶瓶
駅弁の友「ポリ茶瓶」に昭和の風情を感じる

ローカル線に乗り、その土地自慢の駅弁を食す。 現代のように手軽なペットボトルのお茶も無かった時代に駅弁の友として活躍した …

木製の牛乳箱③
どこの家にもあった昭和感が漂う木製の牛乳箱

早朝、まだ薄暗い中からガチャガチャと音を立てながら自転車で近所を廻る牛乳配達のおじさん どこの家でも玄関に置かれていた木 …

1964年 東京オリンピックの記念銀貨と記念メダル

1964年(昭和39年)に発行された東京オリンピック記念の千円銀貨が実家の片付けの時に偶然出てきた。オリンピックの開催当 …

ミヤタ自転車「ブラックマスク」というサイクリング車

小学校高学年になると、当時人気だったフラッシャー付のサイクリング車が欲しかった。 既にサイクリング車に乗っていた友人達は …