古き良き時代へタイムスリップして思いを綴ります。

昭和ノスタルジー

昭和のくらし・もの

当時の少年達を虜にした罪なラジオ「ナショナル クーガRF-877」とBCLブーム

更新日:

ナショナル クーガNo7カタログ

ナショナル クーガNo7本体

1973年12月発売 定価:18,500円

1970年代から80年代にかけて中高校生の間で世界中からのラジオ放送を受信するBCLブームが巻き起こった頃のワールドバンドラジオを代表する一品がこの「ナショナル クーガRF-877」だった。
1ドルが300円以上していた時代に海外へ旅行に行く事は夢のような話し、そんなこともあって異国の地に想いを馳せるラジオの人気は高かった。

レアな放送局の電波を受信して内容の感想や受信状況を報告(受信報告書)すると、その放送局から証明として、ベリカード(受信確認証)を発行してもらえた。

このベリカードというのは放送局それぞれ個性があって、カラフルだったり、お国柄が反映されていたりした。

当時の少年達はベリカードを集めるのがかなりカッコいい趣味となり、夜な夜な部屋にこもってラジオの受信作業に没頭したものだった。

ちなみに1977年のラジオ雑誌(ランラジオ別冊)をみると世界136局、日本98局のベリカードコレクョンが記載されている。

ベリカード

当時はソニーのスカイセンサー、ナショナルのクーガー、日立のサージラム、三菱のジーガムなど各メーカー各シリーズが鎬を削ってる中でクーガ No.7の愛称で非常に人気のあるモデルで
“狙えクーガ”というキャッチフレーズもとてもカッコよかった。

クーガシリーズの特徴である回転式のジャイロアンテナがメカニカルな動作をしており、ミリタリールックで精悍な本体デザインも人気になった要因だったのだろう。

ジャイロアンテナはスイッチを押すと垂直に飛び出す形式のもので、アンテナ自体を回転させて電波をキャッチする事が可能、他の機種のように本体の向きを変えずに中波をジャストチューニングできるという優れもの、最近のこんなカッコいいギミックの商品が残念ながら出てこない。

ダイヤル文字はオレンジで塗り分けられていて見やすく、スピーカー下部にはナショナルとパナソニックのロゴが併記されている。

-昭和のくらし・もの
-

Copyright© 昭和ノスタルジー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.