古き良き時代へタイムスリップして思いを綴ります。

昭和ノスタルジー

少年時代

象が踏んでも壊れないが名キャッチコピーのサンスターアーム筆入れ

更新日:

sunstar_arm_pencilcase

1965年 サンスター文具「アーム筆入」発売。その後「NEW アーム筆入れ」として再販された。
最大1.5トンの荷重に耐えられるという実験結果が出ているという最強筆入れ。

“ポリカーボネート”という当時はまだ珍しかった強度の高い素材を使い、筆箱の一大ブームを築いたシンプルな作りの筆箱。実際にアーム筆入を象に踏ませるというインパクトのあるCMで有名、更にキャッチフレーズは「象が踏んでも壊れない」と強度をアピールして爆発的に売れた。

象は筆箱に前足をのせているだけで体重は分散しているので、筆箱にはそんなに負荷はかかっていないというのがCMを見た時の見解だったと思う。

2段重ねると鉛筆が8本入り、価格は300円ぐらいだったか。
当時の小学校で女子達はかなり持っている人が多かったと思う。

自分は回転ダイヤルでのロック式筆箱やマグネットロック式などのギミックが付いたカッコいい筆箱をつかっていたもんね。アーム筆箱なんてプラスチックの箱ジャン!というのがその理由。

ある日、学校で新品の筆入れを買ってもらって自慢していた子から筆箱を取り上げて椅子の脚で勢いよく踏んで叩き割った悪ガキがいた。
速攻で職員室行となり、泣きながら教室に帰ってきた。あいつは誰だったんだろう?

今でも多少のデザインは変わったが販売されている息の長い商品。
「象が踏んでもこわれない」というコピーは、現在の「NEWアーム筆入」となってから「象のマークは強さのしるし!!」と変わっている。

-少年時代

Copyright© 昭和ノスタルジー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.