古き良き時代へタイムスリップして思いを綴ります。

昭和ノスタルジー

昭和のくらし・もの

ミヤタ自転車「ブラックマスク」というサイクリング車

更新日:

SL-5JTB

小学校高学年になると、当時人気だったフラッシャー付のサイクリング車が欲しかった。

既にサイクリング車に乗っていた友人達は「普通の自転車の方が良いぜ」と言っていたのだが、
まだ普通の子供用自転車に乗っていた自分には、とてもキラキラした憧れのウィンカー付自転車にどうしても乗りたかったのだ。

漫画雑誌の裏面広告で見た「ブラックマスク」に魅了され、この頃は寝ても覚めても自転車の事ばかり考えていたと思う。

ある日の夕方に家の外に出なさいと言われて出ると自転車屋の軽トラの荷台には、あの憧れの「ブラックマスク」が積まれていた。かなり高額だったのに見るにみかねて両親が無理して買ってくれたのだろう。これを見た時の心臓がバクバクする感じは鮮明に記憶に残っている。

4つのスイッチが収められたコントロールボックス。
電源スイッチ、光の点滅だけのサイレントモード、連続音、穏やかな音、激しい音など好みによって選べた。

やっぱり、フラッシャーの効果というか見栄えの良さは夜間走行時に限る。暗い夜道を乗りたくて、買い物があると進んで引き受けたりした。

この自転車でいろんな所に行った。
たぶん今までの自分の人生の中では、この時期が一番自転車に乗っていたと思う。

いつも寡黙で怖かった父と二人でサイクリングも行った、友達と遠出して冒険したりした。
チェーンは何度も外れたし、パンクして自転車屋まで押して行ったことも数知れない。

miyata_bicycle

上の写真はグリコのおまけだが、まさに当時の自分を彷彿させる出で立ちである。まさか自分がモデル?なんて思ったりした。

そんな愛車も時の流れと共にサビて古くなっていった。
中学に上がり、さすがに通学で使うにはウインカーは邪魔だった。
後部のフラッシャーユニットを取り、コントロールスイッチの付いたボックスも外した。

母は「せっかく買ったのにこんなにして」と怒っていた。

エピローグ
歌手の近藤真彦氏は古いサイクリング車を自宅に数台コレクションしているそうだ。
かなり前にあるテレビの番組をたまたま見ていた時、このブラックマスクを欲しがっていた近藤真彦氏にプレゼントされていた。
見ていてものすごく懐かしく、実物をもう一度触ってみたいと思った。

現在ではプレミアがついて高額で取引きされているようだが、完全な形で手に入るなら今でも欲しい気持ちはある。

いつか縁があれば再び手にする事が出来るかもしれない。

-昭和のくらし・もの

Copyright© 昭和ノスタルジー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.