昭和ノスタルジー

古き良き時代の昭和へタイムスリップして思いを綴ります。

*

怪奇大作戦 / 桑田次郎

      2017/04/22

jiro_kuwata_01

血のない死体、吸血鬼の牙、人を溶かす絵画、幻が犯す殺人
現代のおどろな恐怖を戦慄のペンタッチで描き込む桑田次郎の怪奇ドラマ!
テレビの光と影の中で、手に汗をにぎった興奮が、今、マンガの世界で復活する。

第1話 死を呼ぶ絵
第2話 ふたつの顔の少女
第3話 まぼろし殺人事件
第4話 闇からの声
第5話 死霊の家

昭和53年12月15日 初版発行

桑田次郎(現:二郎)
昭和30年代から40年代初頭の少年マガジンに連載されていた「8マン」や58年に発表された「月光仮面」他、多数の代表作がある。その硬質でシャープなペンタッチに魅了されたファンも多い。

 - 我が青春の音楽・映画・雑誌・漫画本

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「太陽がいっぱい」危いほどに美しい青年リブリーの光と影

太陽がいっぱい 1960年フランス・イタリア合作映画。 あらすじ アラン・ドロン扮する貧しい青年トム・リプリーは、富豪の …

ディープ・パープル/ハイウェイ・スター

A面:ハイウエイ・スター B面:レイジ― 発売日:1972年7月 ハード・ロックを徹底して追求するディープ・パープル。 …

雑誌ポパイ創刊号
雑誌ポパイ創刊号の思い出

1976年(昭和51年)に平凡出版(現マガジンハウス)から発行されて以来、ファッションや情報に敏感なお洒落フリークに支持 …

月刊 科学大観という少年科学誌のバイブル

実家の屋根裏部屋に積み重ねられていた本の中から何かオーラを感じ発見。 雑誌購入時の領収書が一冊の本に挟まっており、購入者 …